【ダイエット】スープレシピ・つくレポ_ボイルイカと小松菜のスープ

こんにちは、りすこです。

Atsushiさんの著書『美やせレンチンスープ』を参考に、らくしてワインに合うスープをつくる!

シリーズ8回目です。 

からだや心に優しいレシピがたくさん掲載されている『美やせレンチンスープ』

1から10までは「疲れ」がテーマでした。

11から20は「イライラ」がテーマで、今回はレシピ#13をつくってみました。

(ポタージュはミキサーがないので飛ばしています。)

目次

レシピ #13:ボイルイカと小松菜のスープ

ボイルイカと小松菜のスープ・材料

4人分(オリジナルは1人分で記載されています)

  • ボイルイカ:300g(魚コーナーで1パック)
  • 小松菜:1/2束
  • 黄パプリカ:1個
  • セロリ:1本
  • レモン:1/2個
  • ニンニク:1かけ
  • 水:600cc
  • コンソメ顆粒:大さじ1
  • 白ワイン:大さじ2
  • オリーブオイル
  • チリパウダー:大さじ1
  • パルメザンチーズ:大さじ4(私はパルメザンチーズがちょっと苦手なのでコンテチーズを別で食べました)

(作り方は本を見てください)

イカと小松菜は気の巡りをよくする素材で、小松菜にはカルシウムも豊富に含まれています。

Atsushiさんレシピごとに添えられたコメントが参考になります!

気の巡りとは?

気とは漢方の用語で「気・血・水」の気です。

気は人間の体を活動させる根本的な生命エネルギーのことで元気の素になるものです。

気力という言葉がイメージに合いますね。

その「気」が滞っていることを「気虚」や「気滞」といい、うまく流れていると「気の巡りがよい」ということになります。

イカと小松菜のほか、セロリ、パプリカ、ニンニク、チリパウダーも気の巡りに効果のある食材だそうです。

このスープのレシピにはパルメザンチーズがあります。

チーズはカルシウムが豊富なので、イライラに効く成分ですね。

絞ったレモンの香りが爽やかで、野菜がたっぷり取れる、大好きなスープです。

ワインはフランスのソーヴィニヨン・ブランを合わせます

ワインは爽やかなソーヴィニヨン・ブランを合わせました。

ラ・ペリエール ラ・プティ・ペリエール

La Perrière La Petite Perlière Sauvignon Blanc

フランス ラ プティット ペリエール ソーヴィニヨンブラン 750ml
価格:1309円(税込、送料別) (2021/5/3時点)

☆————————☆

このページで作ったスープのレシピ本は『美やせレンチンスープ』

食べるとスッキリするレシピ満載です。

1人分ならレンジで簡単にスープが作れるのでひとりで何を食べようか迷ったらこれです。

私は4人分を一気に作るので鍋に材料を入れて火にかけて作っています。

お近くの書店にないときはAmazonで https://amzn.to/3sz7ix1

  

最後まで読んでくださりありがとうございました。

このブログでは「ゆとり、たのしみ、すっきり」をテーマに、様々な情報を発信をしていきます。

よろしくお願いします!

食べログ https://tabelog.com/rvwr/risunokomichi/

画像素材:【写真AC】

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる